24
12月

女性も育毛剤で対策!でもどうやって選べば良いの?

保湿成分で頭皮環境を改善

女性の育毛剤にあると嬉しい効果のひとつが保湿作用です。そもそも女性がなぜ薄毛になってしまうのか、その理由に乾燥が挙げられます。乾燥してしまうと地肌が硬くなってしまいますので血流も悪くなって毛根が弱まってしまいます。女性は皮脂の分泌も少ないですから男性よりも乾燥しやすく、結果的に薄毛の原因になってしまうことがあるのです。そのため保湿効果のある育毛剤をチョイスして地肌を乾燥させないように注意しましょうね。

無添加な育毛剤だと安心

育毛剤には添加物が含まれているものが少なくありませんが、添加物は刺激になってしまうこともありますから気を付けましょう。特に女性の地肌は乾燥しやすいとお伝えしましたが、そこへ添加物入りの育毛剤を使用すると負担も大きくなってしまいます。地肌がトラブルを起こすと薄毛リスクも高くなりますので安全に使える育毛剤が理想的ですね。なお女性専用として開発されている育毛剤ですと無添加の処方になっていることが多いです。そのため女性用のものをチョイスすれば安全性は高いはずです。

女性ホルモンをサポートする働きも大切

女性も男性ホルモンを持っているのですが、男性ホルモンが優位になってしまうと薄毛リスクが高くなります。そのため女性ホルモンを活性化してくれる育毛剤を選ぶのもポイントです。女性ホルモンには髪の毛の成長を促進させる働きがありますので、活発に活動させることが薄毛を予防するためのカギになるのです。特に産後や更年期などは女性ホルモンのバランスが崩れやすく薄毛になりやすいタイミングでもありますから、時期に差し掛かった時にはこうした育毛剤を選びましょう。

薄毛が気になったら、育毛剤を女性でも使うことをお勧めします。育毛剤はもはや男性だけのものではありません。