24
12月

ムダ毛が生えて来ないの!?永久脱毛のメカニズムをご紹介

毛周期は毛が生えるサイクルの総称ですよ

脱毛の施術を受ける時には毛周期に合わせて行う必要があると言いますよね。毛は抜けては生えると言うのを繰り返しているのですが、発毛組織が活性化して毛が誕生すると成長初期となり、そこから太く長く伸びるまでが成長期になります。成長期を終えた時が休止期で、毛はそれ以上成長をしなくなります。退行期は毛が抜けるまでのサイクルで、これらのサイクル全体を毛周期と呼んでいるのですね。但し、脱毛の効果があるのは成長期だけなので、毛周期に合わせて施術を繰り返して行けばツルツルの肌になれちゃうのです。

脱毛サロンの特殊な光を使った脱毛の特徴

脱毛は発毛組織に対し、何らかの影響を与える施術です。脱毛サロンなどで行われているのは、特殊な光を肌に照射させる光脱毛やフラッシュ脱毛と言われている方法です。肌に光線を照射すると、黒いメラニンに光線が集まり、熱作用で発毛組織の機能を弱める、もしくは機能を停止させる効果を得られます。毛周期に合わせて脱毛を行うと、少しずつ毛量が減るので1~2年でツルツルの肌になるわけです。但し、脱毛サロンの光脱毛やフラッシュ脱毛は永久性がないので、再びムダ毛が生えて来るケースも少なくありません。

永久脱毛は医療脱毛で可能になりますよ

永久脱毛は発毛組織を破壊すると永久性を得られるもので、医療脱毛の施術を受けると永久性を得られます。医療脱毛の中でも人気を集めているのが医療レーザー脱毛です。レーザー光線を照射させると光脱毛と同じように黒いメラニンに吸収し、熱エネルギーに変換されると発毛組織を破壊します。しかし、休止期や退行期に入っているムダ毛はレーザー光線を吸収してくれないため、脱毛しても残ってしまうのです。繰り返し施術を受けると、その時は休止期や退行期に入っていても、再び成長期を迎えるので永久脱毛が実電するのです。

医療脱毛は少ない施術回数で短期間で脱毛を完了する事ができ、一回の施術で効果を感じられるのが魅力となっています。