22
12月

ギャランドゥはめったにモテナイ、やっぱり脱毛しよう

あーこの体毛どうにかならんか

自分は、遺伝のせいでしょうか半端ないギャランドウです。大学生になった2年の夏まではさほど気になりませんでしたが、その後は、増殖の一途で、肌を晒すことなどできませんし、Tシャツを着ても胸毛が気になる始末です。大学生活を謳歌し、彼女をつくって楽しく過ごそうという夢は、儚くも潰えたのです。せっかく一人暮らしで親の干渉もないのになんてこったと思いましたが、今のようにインターネットで情報を収集するすべもない時代のことです。

とりあえずやってみたこと

とりあえず、当時の雑誌の裏表紙には脱毛の広告が毎週のように掲載されていました。その中からチョイスしたのはとても硬いオイルのようなスライムのようなものを肌に塗り、閉じ込められたムダ毛ごと、強引に抜くというものでした。激痛とともにムダ毛もとれ、一時はきれいな肌になりますが、ただ効率よく大きな面積を強引に抜くだけなので、必ず戻ってくるわけです。繰り返し使用するのも限界がありました。根気が続かないのです。

最新の脱毛をお試しあれ

永久脱毛(永久に生えないわけではありませんが)の最もポピュラーな方法は、やはりレーザー脱毛ですね。1990年代からある施術方法ですが、当時は場所値段とも学生が行えるものではありませんでした。今でも気軽に受けることができるというほど激安ではないでしょうが、世の中の流れからすれば、脱毛男子は多くいると思います。ギャランドウのおかげで、下を向かざるをえない君に、ぜひ一度おすすめします。生まれ変わりましょう。

医療脱毛を東京で行う場合、クリニックごとに詳細な情報を収集し、安心して利用できそうな所を選ぶことが重要です。